法律事務所の利用

弁護士法律事務所というものがあります。こちらは弁護士が法律業務を行うための事業体のことです。弁護士が所属している事務所であり、日本中にたくさん存在しています。多くの弁護士が何らかの法律事務所に所属をして仕事をしているのです。その他には、企業内、あるいは官公庁で仕事をしている弁護士もいます。

法律事務所の規模はさまざまです。たった1人で構成されているケースもあるのですが、中には数千人もの弁護士を抱えているような大規模な法律事務所もあります。日本では弁護士会に加入しなければ弁護士活動ができないことになっています。そのため、法律事務所として加入が行われています。

1人の弁護士が経営している事務所はたくさんあります。この場合は法人格がありません。弁護士が数人で構成されている法律事務所もたくさんあります。中には外国人の弁護士が所属しているような法律事務所もあり、多様な形態があるのです。

法律事務所には特定の分野に特化している事務所と、さまざまな分野を総合的に扱う事務所があります。後者については総合法律事務所と呼ばれることがあります。法律事務所というのは、企業からの相談を受けつけるケースもあれば、個人が気軽に相談できるところも多いです。弁護士に相談をすることによって解決できる問題はたくさんあります。こちらではどういったときに弁護士に相談できるのか、具体的なケースについて紹介しましょう。また、無料相談についても取り上げます。


【関連記事】